母乳育児がしたい!〜桶谷式母乳育児相談室レポ〜




こんにちは。

3歳の男の子、令和5月に女の子を出産した育休取得中29歳のママです。

今回は母乳育児をテーマに書いていきたいと思います。

ネット記事などを見ると、母乳育児についての記事や情報が乱立していますが、いざ子供のこと、自分の体などのコントロールできるものでない場合なにを信じていいのやら…

おっぱいでている気がするけど、大丈夫かな?足りているかな?母乳育児を軌道に乗らせるためにはどうしたら…という漠然とした不安を感じていた中で、桶谷式母乳育児相談室に行ってきたのでレポします。

母乳育児に関しては、産まれた産院によってもかなり指導方法がちがいます。

第一子の産院は混合でもいいのでしっかり足していこうねーというスタイルだったので、ミルクを知らずしらず足しすぎてしまい、最後まで混合育児でした。母乳が足りてないタイプなのかも?と思っていましたが、その不安を解消させるためにも有名な桶谷式でまずは話を聞いてみよう!と思います。

母乳育児を軌道に乗せるには早期の対策?が肝とのことだったので、今回は新生児期、生後16日目で行ってみました。

コロナ化だったので近所20分くらいのタクシー移動にしました。

育児相談室についてからの流れ

カルテ記入

まず到着すると、カルテの記入。その間Babyは抱っこしても良し、ベビーベットに寝かしても良しと言う感じでした。

ベビーベットに寝かせると、少しぐずったので相談室の助産師さんが抱っこ、おむつ替えをしてくれました。

その間に体重も図ってくれていました♡

カルテ記入は、出生時のBabyの情報からママの健康状態など基本的なものを書くようでした。

桶谷式マッサージ

カルテ記入が終了すると、ママの手洗い、うがいを済ませ、ベットのようなところに案内されました。

ベットの奥側にBabyを寝かせ、ママも横たわり、マッサージのスタートです。

蒸しタオルを使いながら、マッサージをしていただきました。痛くないと噂に聞いていましたが確かに痛くない。

横たわりながら、母乳がぴゅんぴゅん飛んでいるのがわかりました。凝り固まった乳腺などをほぐしてもらいながら、乳房の状態を見てくれました。

-乳首の硬さや癖に対してのアドバイス

私の場合は横抱きの飲ませ方しかしていなかったため、違う方向からも飲ませたほうが良いのでフットボール抱きも交えたほうが良いよ

-母乳の出具合

母乳の出を実際見てもらうことで、不足感を感じていたものが「母乳よくでているよー」「これはミルクなしでもやっていける母乳だよ」と言っていただけたことで安心感がありました。

-出生体重の伸びや体重増加に対するアドバイス

生後から1日40gずつ体重増加をしていたようで、ミルクの補完はいらなそうだねーとのこと。ただだれにも預けられなくなるのを避けたければ夜だけミルクを足すママさんも多いよーと教えていただきました。

アドバイスや、こんなときどうしたら?という質問や不安に答えて頂いているうちに、マッサージが終了。

痛かった部分がふわふわのおっぱいに生まれ変わっていました。

これは断乳のときや、トラブルのときにいくのはいいかも!と実感しました。

母乳レッスン

マッサージが終了すると、実際におっぱいの飲ませ方を見ようねーとのことで上げているときの様子を見ていただきました。

私の場合第一子の産院が授乳方法の指導でかなり鍛えられていたので、上げ方の指導はいい感じだねーとさらりと終了。

フットボール抱きは試したことがなかったので、教えていただきましたが、すぐに試せそうなものでした。

料金について

料金は初診料6000円で時間はおおよそ40-50分ほどでした。再診の場合は4000円です。

マッサージに使ったタオルと、桶谷式の母乳育児の本を頂きました。

「桶谷式母乳育児を楽しくする おっぱいルーム・アドバイス」

総括「健康であるならば本来だれでも母乳は出るもの出せるものです」by 桶谷本

第一子のときは、母乳絶対!というわけでもなく、足りていないのが不安でミルクをずっと足していたら母乳量が追いつかず、結果混合育児となっていました。母乳に関わる考え方って産院によってここまで違うのかと第二子出産後にわかりました。

母乳、混合、ミルクとそれぞれ良し悪しやメリデメがありますが、今回はなんとなく母乳育児ができればなーと考えていたため、母乳育児をなるべく早めに軌道に乗せたいと思い、今回プロの知恵を借りることにしました。

総括としては行ってよかったです。実際に足を運ぶことで母乳育児できそう、赤ちゃんの健康にも足りるくらいの授乳ができそうだ!と自信を持つことができました。不安な方はぜひ受診をしてみることをおすすめします!

その後の母乳育児

桶谷式の相談室に行ってから、1週間ほど立ちますが、ミルクを一日夜だけミルクを80ml(新生児のため)ほど足している意外は母乳のみですが、毎日20-30gの体重増加もあり、このままペースを掴んでいけば完母にできそうな感じです。

わたしの場合、復職を控えていたり、たまにはパパに預けることを考えて夜1回のミルクは継続の予定です。

母乳育児に不安を抱えているママさんは参考にしてみてください〜!

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です