母親学級直伝!妊娠から育児まで役立つアロマ・ハーブ術




こんにちは!先日から妊娠37週に入り、ついに正期産に入りました。

今か今かとベイビーに会えるのを心待ちにしてます♪

さて、先日母親学級で妊娠から育児まで役立つアロマ・ハーブ術を勉強したのでシェアさせていただきます。

◇ハーブ術◇

まず、ハーブとは皆さんご存知薬草のことです。

妊娠周期事のおすすめのハーブは以下。

妊娠2~4か月頃:ペパーミント+レモンバーベナ 

→吐き気・つわりの改善に効果的

妊娠4~5か月頃:ハイビスカス+ローズヒップ+ドライフルーツ

→栄養補給に効果的

ローズヒップは、レモンの20から40倍ものビタミンを含み、風邪予防にも効果があります。

妊娠5~6か月頃:ネトル+ルイボス

→血液をきれいにする効果や増血に効果的

妊娠6~8か月頃:ラズベリーリーフ+セントジョーンズワート

→出産準備に効果的

ラズベリーリーフは何千年も前から出産準備に使われてきた「安産のためのお茶」です。子宮や骨盤の周囲の筋肉を調整する効果などがあるようです。収れん性に富み、下痢や風邪、インフルエンザにもよいとされています。

妊娠8~産後3か月頃:ダンディライオン+フェンネル

→ミルクの出をよくする効果や緩下の効果

私は今出産を控えているので、ラズベリーリーフのお茶を試しています。

癖もなくとっても飲みやすいです。

◇購入リスト

  • Organic herb tea  のラズベリーリーフ
  • MammyのHerb teaの有機ラズベリーリーフブレンド

※ブレンドティーにはタンポポ茶など妊婦さんにいいといわれるお茶がいくつかブレンドされています。

◇アロマ術◇

アロマとは自然の香りのことです。産前産後は植物オイルが大活躍。なかでも以下がおすすめとのことです。

美肌によく、あせも対策にもおすすめなアロマ:ダマスクローズウォーター

乳首のケア、授乳後におすすめなアロマ:カレンデュラオイル・ホホバオイル・サンフラワーオイル

ストレスや不眠、神経過敏、高血圧におすすめのアロマ:ラベンダー

インフルエンザや風邪、抗ウイルス作用のあるアロマ:ティーツリー

産前産後は0.5%の濃度がおすすめとのことです。10mlにオイル一滴くらいの割合。

とにかく妊娠中大事なことは、体を冷やさないこと。特に関節回りやおなかまわりを守るのが大事と教わりました。

産後は目や頭を休め、テレビやスマホから離れてぼーっとする。そんな時間の使い方が大事なようです。

出産後はどのような生活スタイルになるか想像もつきませんよね。

妊婦仲間の方は一緒に乗り切りましょう♪







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です